ホーム > 「ビジネスと人権」取組支援

基本理念など共通部分2.jpg

「ビジネスと人権」取組支援

  自社のビジネスに”人権”がどう関係するのかイメージが湧かない

  「ビジネスと人権」って最近よく聞くけど、何かしないといけないの?

  取引先から、”人権”に関する問い合わせが増えてきた

  人権方針のひな形でもあると良いんだけど・・

  「人権デュー・ディリジェンス」って具体的に何をするの?

  従業員にはいつまでも活き活きと働いてもらいたい



このようなお悩みがありましたら、私どもにお任せください。


最近よく耳にする「ビジネスと人権」や「人権デュー・ディリジェンス」。

自社には関係ないと思っていませんか?

企業における人権尊重責任は、規模や、運営状況、業種等に関係なく、全ての企業に求められています。

そして、この傾向を好機ととらえ、人権尊重経営にしっかり取り組むことで企業価値の向上を図っている企業も増えています。

御社の更なる成長やお悩み解消に、実は「ビジネスと人権」への取り組みが有効かもしれません。



人権尊重経営が企業に与える影響

取り組むことによる
ポジティブな影響

  良好な取引関係を通じた安定的成長(売上増加)              

  採用力・労働者定着率向上(コストの減少)

  信頼の向上(企業価値の向上)

取組み不足による

ネガティブな影響

  既存顧客や政府との取引停止、不買運動の発生(売上減少)

  採用力・労働者定着率の低下(コストの増加)

  信頼の毀損(企業価値の低下)

法務省人権擁護局「今企業に求められる「ビジネスと人権」への対応」を基に作成

人権尊重経営に取り組むことは難しいことではありません。

”残業代を払っているか””きちんと社会保険に加入させているか”といった適正な労務管理も「ビジネスと人権」への取り組みの1つです。



当法人では、ビジネスと人権に関する研修を修了した「”ビジネスと人権”推進社会保険労務士」が、労務管理の専門家ならではの視点とコンサルティンググループ力を集結させ、各企業様の状況に応じたセミナー研修や人権尊重経営の実践をご提供・ご支援させていただきます。




まずは以下よりお気軽にお問合せください。